昇華

ドライアイスで演奏会(No.118)

お気に入りに追加お気に入り

ドライアイスで演奏会 ドライアイスで演奏会

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな

アイスクリームなどを買ったときについてくるドライアイス。その上に金属製のスプーンやパイプ、コインなどを乗せると、いろいろな音がでます。ちょっとビックリ!

そうかなるほど

ドライアイスは炭酸ガスを固体にしたもので、温度はマイナス78.9℃。ものすごく冷たいのです。そして、固体から直接気体へ変化(昇華)するという性質を持っています。金属は熱をよく伝えるので、ドライアイスに接触させると昇華によって炭酸ガスが噴き出します。噴き出すガスの力で金属が振動して、音が出るのです。さぁ、いろいろな金属製品でどんな音が出るか、試してみましょう。(実験1

実験の前に

ドライアイスは取り扱いを誤ると大きな事故につながります。正しく扱って安全に実験をしましょう。
■温度が低いから素手でさわらない
素手や濡れた軍手でさわると凍傷を起こします。乾いた軍手などで手を保護しましょう。絶対に口に入れてはいけません。
■体積が膨張するから密閉しない
固体から気体に変化するときは、体積が750倍にもなります。ビンやペットボトルなどの密閉容器には、絶対に入れないようにしましょう。容器が破裂して大きな事故につながることがあります。(実験2
■酸欠になるから換気をしましょう
密室や車内に放置すると酸欠状態になることがあります。十分な換気ができる場所で使いましょう。(実験4

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください