イオン

塩を加熱すると電気が流れる!?(No.278)

お気に入りに追加お気に入り

塩を加熱すると電気が流れる!? 塩を加熱すると電気が流れる!?

実験監修:教育学博士 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

回路につないだ食塩を炎であぶると、LEDが点灯して通電を示しました。

そうなんだ!

食塩水が電気を通すことはよく知られています。それでは、固体の食塩や、高温に熱して溶かした液体の食塩は電気を通すのでしょうか。食塩が溶けて液体になる温度(融点)は約800℃で、とても高いのですが、ごく少量の食塩をガスの炎で直接あぶると、家庭でも簡単に溶かすことができるので、実際に確かめてみましょう。
食塩を電極の間にはさみ、電流が流れるとLEDが点灯する回路を作ります。食塩が固体のときはLEDは消えていますが、加熱すると徐々に明るく点灯し、炎を消すとLEDも消えます。食塩が高温に加熱され、液体になっている間だけ電流が流れるのです。 食塩の主成分の塩化ナトリウムは、プラスの電気を帯びた陽イオンとマイナスの電気を帯びた陰イオンの結晶です。固体のときはイオン同士がしっかり結合していますが、水に溶かすとイオンがばらばらになります。食塩水に電圧をかけると、イオンが移動することで電流が流れます。一方、塩化ナトリウムを約800℃まで加熱すると、イオンの結合が解けて動きやすくなります。そのため、やや高い電圧をかけると、液体の塩化ナトリウムでも電流が流れるのです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください