粘性摩擦

どうすれば、ひと息でふくらむの?(No.253)

お気に入りに追加お気に入り

どうすれば、ひと息でふくらむの? どうすれば、ひと息でふくらむの?

実験監修:教育学博士 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

大人の身長以上もあるポリ袋が子どものひと吹きでふくらみました。

そうなんだ!

ポリ袋をつないで2m以上の長い袋を作り、息を吹いてふくらませてみましょう。
袋にぴったり口をつけて吹くと、よほど肺活量の大きい大人でも何回も息つぎが必要です。ところが、ある方法を使うと、子どもでも大きな袋がひと息でふくらみます。いったいどんなマジックを使ったのでしょう?
やり方はとても簡単。袋に口をつけずに、15cmくらい離れた位置からフーッと強く吹くだけです。一見、口をつけた方が効率いいように思われますが、実際は口を離して吹いた方が断然よくふくらむのです。
その原因は空気の粘り気(粘性)です。空気などの気体にはわずかに粘性があり、移動するときにまわりの空気との間で摩擦が発生します。これを粘性摩擦といいます。袋に口をつけて吹くと、吐いた息の分量しか送り出せませんが、少し離れて吹くと、周囲の空気を引きずってより多くの量が送られます。風船を使って粘性摩擦の効果を測ってみると、直接吹いたときの約6倍もの空気を送り出していました。だから子どもでも、ひと息でふくらむのですね。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください