振り子の周期

私たち1分後に整列します(No.252)

お気に入りに追加お気に入り

私たち1分後に整列します 私たち1分後に整列します

実験監修:教育学博士 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

複数の振り子がさまざまな形を描きながら1分後にスタート地点に整列しました。

そうなんだ!

一斉に動き出した振り子のビー玉(オモリ)は、波を描いたり、左右2列に並んだり、バラバラになったりと、途中で複雑に形を変えていきます。そして、スタートからちょうど1分後に元の一直線に戻ります。 実は、振り子のオモリが往復する時間(周期)は振り子の長さで決まります。そのため、厳密に長さを調節した振り子を作れば、狙った場所にタイミングを合わせて整列させることが可能です。
写真の振り子は、1分間に46回から55回往復するように正確に長さを調節してあります。すべての振り子を同時に揺らし始めると、周期の違いで少しずつ揺れ方がずれていき、1分後にはすべてスタート地点に戻ります。 振り子を使ったこのようなしかけは、 ペンデュラムウェーブと呼ばれています。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください