音の伝わり方

水を伝わる音はどんな音?(No.248)

お気に入りに追加お気に入り

水を伝わる音はどんな音? 水を伝わる音はどんな音?

実験監修:教育学博士 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

外からは聞こえにくい音が、水中ではしっかり聞こえます

そうなんだ!

シンクロナイズドスイミングの選手は一見、音が聞こえないように思える水の中で、音楽を聴きながら演技をしているといいます。音は水の中でも空気中と同じように聞こえるのでしょうか。簡単な水中マイクを自作して、水の中を伝わる音を聞いてみましょう。
水の中で金属のクリップをぶつけると、水の外ではかすかな音しか聞こえません。ところが水中マイクで音を拾うと、カチカチという音がしっかり聞こえます。水中スピーカーで音楽を流すと、空気中とは少し音色が違いますが、音楽もはっきり聞こえます。
私たちが普段聞く音は、音源の振動が波(音波)となって空気を伝わり、耳の鼓膜をふるわせて聞こえます。空気だけでなく、水でも金属でも、音波を伝える物質があれば音は伝わります。性質の異なる物質へは音波が伝わりにくいので、水の中の音は外からは聞こえにくいのですが、水の中ではよく聞こえるのです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください