分子間力

ガラスを水で接着?(No.230)

お気に入りに追加お気に入り

ガラスを水で接着? ガラスを水で接着?

実験監修:東海大学特任教授 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

ぬれたガラスを強く押しつけているとくっついて、はがれなくなりました

そうなんだ!

ガラス板を水できれいに洗い、少しぬれている状態で重ね合わせて、クリップで強くはさみます。一晩おいてクリップをはずすと、2枚のガラスはしっかりくっついて容易にはがれません。ガラスは水によって接着しているのでしょうか?
確かに、ぬれたガラスはぴったりくっつきますが、水平方向にずらすと簡単にはがれます。一晩おくと、水も乾いています。実は、ガラスをくっつけているのは、ごく近い分子どうしの間にはたらく力です。これを分子間力といいます。ガラスのように、きわめてなめらかな面どうしを密着させると、接した面の分子の間に引き合う力が多数はたらき、強くくっつくのです。最初に水でぬらしたのは、空気を追い出して2枚のガラスをより密着させるためです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください