静電フィルター

ストローで空気のお掃除(No.211)

お気に入りに追加お気に入り

ストローで空気のお掃除 ストローで空気のお掃除

実験監修:東海大学特任教授 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

煙が立ちこめたボトルにストローを入れると徐々に煙が消えて、澄んだ空気になりました

そうなんだ!

線香の煙を充満させたペットボトルにストローの束10本ほどを入れて、しっかりふたを閉めます。すると、ボトルの中の煙は時間とともに薄くなり、数分後にはほとんど無くなりました。ストローには煙を消す不思議な力があるのでしょうか?実は、ボトルに入れる前のストローに、少しだけ細工をしておきました。
ストローに静電気を発生させたのです。煙の正体は、空気中をただよう炭素などのごく細かい粒(微粒子)です。静電気を帯びたストローは煙の微粒子を引きよせてくっつけるので、時間とともにボトルの中の空気はきれいになります。このように、静電気によって微粒子をくっつける仕組みを静電フィルターと呼び、空気清浄機などに使われています。また、普通のマスクでは遮断できない黄砂やPM2.5、かぜなどのウイルスもキャッチできる高機能マスクにも応用されています。

微粒子の大きさ

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください