聴診器

心臓の音を聴いてみよう(No.195)

お気に入りに追加お気に入り

心臓の音を聴いてみよう 心臓の音を聴いてみよう

実験監修:東海大学教育開発研究所所長 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

静かな場所で耳をすましても心臓の音は聞こえませんね。ところが医者は、聴診器で心臓などの音のわずかな違いや変化を聴きわけて診察します。聴診器は、身体に当てて音を拾う部分、耳にはめて音を聴く部分、そして、それらをつなぐチューブでできています。 非常にシンプルな構造なのに、どうして身体の小さな音を聴くことができるのでしょう?

そうなんだ!

音が空気中を伝わるときには、音を出すもの(音源)から四方八方に 振動が広がります。そのため、音源から遠くなるほど音のエネルギー(振動)が 急激に弱まるのです。距離が2倍になると音のエネルギーは1/4に、 距離が3倍になると1/9に減少します。聴診器は、拾った音をチューブの中に 閉じ込めて広がらないように伝えるので、音源から離れてもほとんど弱まりません。 まるで、身体に耳をぴったりつけて聴いているようなものです。 また、音を拾う部分にも工夫があります。一般的な聴診器は、目的に合わせて 表裏を切り替えて使えるようになっており、片方の面には薄い膜(振動板)が 張ってあります。身体に当てて、高い音を聴きやすくするためです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください