クレーター錯視

出っぱる絵が一瞬で凹む!?(No.190)

お気に入りに追加お気に入り

出っぱる絵が一瞬で凹む!? 出っぱる絵が一瞬で凹む!?

実験監修:東海大学教育開発研究所所長 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

上の写真は砂で描いた絵を撮影したものです。不思議な模様が、出っぱって見えますね。それでは、この絵を凹ませてください。えっ? そんなの無理だと思いますか。実はとっても簡単な方法で、この絵を一瞬のうちに凹ませることができるのです。

そうなんだ!

答は「写真を逆さまにする」です。写真の上下をひっくり返すだけで、絵の出っぱった部分が凹んで見えるようになります。この現象は「クレーター錯視」と呼ばれ、目の錯覚が原因で起こります。人間の目は、脳で考えながらものを見ています。光は上から当たることが多いので、下の方に影ができるのが一般的です。脳は影によって立体感を判断するので、写真をひっくり返して影の付き方が逆になると、凹凸も逆に見えるのです。実際は、この絵は砂を凹ませて描いています。あなたの目も、だまされたのではありませんか?

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください