光の三原色

ロウソクの色が変わる!色が消える?(No.178)

お気に入りに追加お気に入り

ロウソクの色が変わる!色が消える? ロウソクの色が変わる!色が消える?

実験監修:東海大学教育開発研究所所長 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

ロウソクに赤、緑、青の光を当てると、ロウソクはそれぞれの色に光ります。2色ずつ組み合わせて光を当てると、赤と緑では黄色に、赤と青では明るい赤紫色(マゼンタ)に、青と緑では明るい青緑色(シアン)に光ります。3色を同時に当てると、色が消えて白く光りました。

そうなんだ!

人間の目は赤、緑、青の3色と、明るさだけに反応する構造になっています。そのため、この3色の光を組み合わせることで、人間の目に見えるほとんどの色を作ることができるのです。赤、緑、青の3色を光の三原色と呼び、3色をすべて重ねると、太陽光と同じ白い色の光になります(加法混色)。逆に、プリズムを使って 太陽光を分解すると、さまざまな色が含まれていることを確かめることができます。ところで、光を当てたロウソクがきれいに光るのは、光がロウソク(パラフィン)の 粒子にぶつかって、いろいろな方向に反射(散乱)し明るさが均等になるためです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください