電流と磁力

響け!葉っぱのスピーカー(No.174)

お気に入りに追加お気に入り

響け!葉っぱのスピーカー 響け!葉っぱのスピーカー

実験監修:東海大学教育開発研究所教授 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

落ち葉の上に、小さなコイルと磁石がのっています。コイルに音楽プレーヤーをつなぐと、落ち葉からメロディーが聞こえてきました。葉っぱのスピーカーができたようですね。

そうなんだ!

スピーカーは電気信号を空気の振動に変換して音を出すもので、振動板、コイル、磁石からできています。この実験では、落ち葉が振動板の役割を果たします。
音楽プレーヤーからの音の電気信号(電流)をコイルに流すと磁力が発生します。電流が変化すると、それにあわせて磁力も変化するので、コイルが磁石に反発したり、引き合ったりして振動します。コイルに接している落ち葉も振動し、空気をふるわせて音が出るのです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください