磁力と磁性体

出動!くらしの鉄探知機(No.155)

お気に入りに追加お気に入り

出動!くらしの鉄探知機 出動!くらしの鉄探知機

実験監修:東海大学教育開発研究所教授 滝川洋二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

なんでだろう?

赤と青の豆電球がついたプラスチックケースがあります。鉄製の家具に近づけると、それまで光っていた青が消えて赤が点灯しました。ところが、アルミや銅製品に近づけても豆電球は変化しません。

そうなんだ!

プラスチックケースの中には、鉄に反応する鉄センサーが入っています。このセンサーがスイッチを動かして、赤や青の豆電球を光らせているのです。鉄センサーの正体は磁石。ただし、よく見かける黒い磁石(フェライト磁石)ではなく、小さくても磁力が強いネオジム磁石です。間にプラスチックや厚紙をはさんでも、その磁力は強力にはたらきます。ケースを鉄に近づけると、磁石を取り付けたスイッチがプラスチックをはさんで引き寄せられ、豆電球の回路が切り替わる仕組みです。磁石にくっつくのは鉄やニッケル、コバルトとその合金で「磁性体」と呼ばれます。身のまわりの磁性体のほとんどが鉄とその合金です。この「鉄探知器」を使って、くらしの中で鉄や鉄の仲間がどこに使われているか調べてみましょう。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください