色覚

光に色はついていない(No.139)

お気に入りに追加お気に入り

光に色はついていない 光に色はついていない

実験監修:愛知工業大学客員教授 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな

No.138の光の三原色の実験装置を使って、もう少し実験をしてみましょう。白い紙でつくった正二十面体を置いて3色の光をあてると、それぞれの面が違った色になってすごくきれい! 鏡を置いて裏側を見ると、正面から見るのとはまったく違った色になっています。ちょっと不思議な光景ですね。

そうかなるほど

赤、緑、青の光だけでこんなにたくさんの色が見られるのは、正二十面体のそれぞれの面がいろいろな方向を向いていて、面によって3色のまざり具合がちがうためです。このように、たった3色の光を明るさを変えてまぜあわせるだけで、私たちはさまざまな色を見ることができます。それは、色というものが物理的な量ではなく、人間の感じる感覚(色覚)だからです。このことをアイザック・ニュートンは「光そのものには色はついていない」と表現しました。
私たちの目の奥にある網膜には、主に赤い光を受けとる役割をする細胞、緑の光を受けとる細胞、青の光を受けとる細胞、それに明暗を感じる細胞があって、これらの細胞からの信号が脳に伝わることで私たちは色を感じています。つまり、赤と緑と青の3色を組みあわせることで、私たちはすべての色を感じることができるのです。そして、実在の光の波長には対応しないピンク色や紫色も、私たちは色として感じているのです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください