ストロボ効果

前進?後進?(No.117)

お気に入りに追加お気に入り

前進?後進? 前進?後進?

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな

絵を描いた円盤を勢いよく回転させると、絵は見えなくなりますね。でも、スリットを入れたもう一枚の円盤を回転させて、スリットを通して見てみると、あれっ! 絵が見えるようになったし、絵の動きがゆっくりと右まわりになったり左まわりになったり、うまくすると止まったように見えることもあります。ちょっとふしぎですね。

そうかなるほど

ちょっとだけ頭の中で想像してみましょう。中心から離れたところに1カ所だけ印をつけた白い円盤が、暗い部屋の中で1秒間に1回転していて、1秒間に1回だけストロボのように瞬間的に円盤に光があたっているとします。例えば、印が頂点の位置に来た瞬間に光があたって、印が見えたとします。次の瞬間には暗くなって何も見えなくなりますが、1秒後に印が再び頂点に来たときには、また光があたって印が見えます。これを連続して見ていると、印が頂点にあるときだけ見えることになりますから、印はそこにとまっているように見えるはずです。円盤の回転が光の点滅よりも少しだけ早いと、印は円盤の回転方向にゆっくりと動いているように見えますし、逆の場合は回転方向とは逆の方向に動いているように見えます。頭の中で試してみてください。今月の実験では光を点滅させるかわりにスリットを使って「見える」状態と「見えない」状態とをつくっているのです。
テレビで車輪やヘリコプターのローターが回転しているシーンを見ていると、逆方向に回転しているように見えることもありますね。これも同じ原理です。テレビの画面はなめらかに動いているように見えますが、実は1秒間に30枚の絵が次々と切りかえられています。つまり、1秒間に30回点滅する光で撮影したものを見ていることになるため、同じような現象が見られるのです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください