NGKサイエンスサイト

  • 日本ガイシ

光ってお知らせ!電流チェッカーイオンと電子

工作・実験の手順

[実験の注意]

・NGKサイエンスサイトで紹介する実験は、あくまでも家庭で手軽にできる科学実験を目的としたものであり、工作の完成品は市販品と同等、もしくは代用品となるものではないことを理解したうえで、個人の責任において実験を行ってください。
・必ず手順を読んでから工作・実験を行ってください。
・器具の取り扱いには十分注意し、けがをしないようにしましょう。
・小学生など低年齢の方が実験を行う場合は、必ず保護者と一緒に行ってください。

1

図説

LEDの足とゼムクリップを図のように曲げます。

2

図説

コイン電池のマイナス極にLEDの短い足を、プラス極にゼムクリップを押し当て、セロハンテープで固定します。

※伸ばしたゼムクリップの先とLEDの長い足の先をそろえてください。

3

図説

LEDとゼムクリップの足を少し開き、自立できるように調節します。

4

図説

2本の足を金属に当て、LEDが明るく点灯すれば電流チェッカーの完成です。

※測定したいものに2本の足を当て、LEDが光れば電流が流れています。

5

図説

コップに水を入れて食塩を少しずつ溶かし、できるだけ濃い(飽和水溶液に近い)食塩水をつくります。食塩水と水道水を小皿に入れて電流チェッカーで測定し、明るさを比べます。

実験を成功させるコツとヒント

・LEDは超高輝度タイプを使ってください。輝度の低いLEDは、水道水では点灯しない場合があります。
・精製水などの純粋な水は使わないでください。電気をほとんど通さないのでLEDが点灯しません。

ご利用者アンケート!ご利用者アンケート!

この実験は参考になりましたか?

ボクもワタシもやってみました!みんなの実験レポート!!

ページのトップへ