NGKサイエンスサイト

  • 日本ガイシ

静電気と電磁波のマジックコヒーラー

工作・実験の手順

[実験の注意]

・NGKサイエンスサイトで紹介する実験は、あくまでも家庭で手軽にできる科学実験を目的としたものであり、工作の完成品は市販品と同等、もしくは代用品となるものではないことを理解したうえで、個人の責任において実験を行ってください。
・必ず手順を読んでから工作・実験を行ってください。
・器具の取り扱いには十分注意し、けがをしないようにしましょう。
・小学生など低年齢の方が実験を行う場合は、必ず保護者と一緒に行ってください。

1

図説

まず静電気をためるコップを作ります。
プラスチックコップに紙を巻きつけ、重なりや余分な部分を切り取って扇形の型紙を作ります。

2

図説

アルミホイルに①の型紙を当てて切り取り、プラスチックコップに巻いてセロハンテープで留めます。これを2つ作ります。

3

図説

10cm×20cmのアルミホイルを幅1cmに折りたたんで板状にします。これを図のように曲げて、重ねた2つのコップの間にはさんで集電板にします。

4

図説

コヒーラー本体を作ります。LEDの足を少し開き、短い足を電池のマイナス極にテープで固定します。

5

図説

1cm×5cmのアルミホイルをたてに二つ折りにします。
一方の端をつまようじなどに巻きつけて筒状にします。

6

図説

⑤の巻いていない方を小さく折ってLEDの長い足にひっかけ、指でつぶして密着させます。巻いている方は電池のプラス極に軽く接触させ、LEDが最初は点灯するようにします。

7

図説

LEDが点灯している場合は電池をつまようじで軽くたたいてLEDを消し、コヒーラーにガラスコップをかぶせます。

8

図説

下敷きをウール製品でこすって静電気を発生させ、集電板から静電気コップにためます。

9

図説

一方の手で静電気コップを持ち、もう一方の手でフォークを持って集電板に近づけます。放電するとLEDが点灯することを確認します。手順⑦~⑨を繰り返して、何度か実験してみましょう。

※放電すると体に電流が流れてピリッときます。 ピリッとくるのがいやな人は手袋をしてください。

実験を成功させるコツとヒント

・電池とアルミホイルは、自然な重みで軽く接触するようにしてください。電池に強く接触させると常時点灯状態になるので、コヒーラーとしてはたらきません。
・気温や湿度が高いと静電気が十分にたまらない可能性があります。また、乾燥した冬場などは静電気がたまりすぎで、放電したときにショックを受ける場合があります。手袋をしたり、こする回数を減らしたりして対応してください。
・電子ライターを使って電磁波を発生させることもできます。コヒーラーの調整に利用すると便利です。

ご利用者アンケート!ご利用者アンケート!

この実験は参考になりましたか?

ボクもワタシもやってみました!みんなの実験レポート!!

ページのトップへ