NGKサイエンスサイト

  • 日本ガイシ

その静電気 プラス?マイナス?静電気の極性

もっと知りたい!

電気も静電気も、電子が生み出す物理現象です

静電気が、電池やコンセントの電気(電流)と同じように回路を流れ、LEDを光らせることができるのはなぜでしょう? その理由は、電流も静電気も同じ電子による現象だからです。すべての物質を構成するさまざまな原子は、プラスの電気を帯びた原子核とマイナスの電気を帯びた電子でできています。その電子の一部が何らかのきっかけで飛び出し、移動し続けると電流に、とどまると静電気になります。静電気は、2つの物質を摩擦することなどで、片方の物質の電子がもう一方の物質に移動して発生します。電子が増えた方がマイナスに、電子が減った方がプラスに帯電します。静電気は、通常はとどまっていますが、空気中を放電するときや、電子が動きやすい金属などの中を移動するときは電流となります。

静電気が必要なときも、不要なときも帯電列を利用

帯電列は、摩擦によってプラスとマイナスのどちらに、どれくらい帯電しやすいかを示したものです。つまり、図の左側にある物質は電子を放出しやすく、右側にある物質は電子を受け取りやすい物質です。また、位置が離れているほど、多くの電子が移動して多くの静電気が発生します。そこで、静電気の実験などで強く帯電させたいときは、なるべく離れた位置にあるものをこすり合わせます。一方、静電気に弱い電子部品をあつかうときには、人体との摩擦で帯電しやすいアクリルせんい(アクリル樹脂とは別のもの)の衣類などは避けた方が賢明です。また、重ね着する際の組み合わせも、帯電列で近い位置のものを選ぶと静電気をおさえられます。
このように帯電列は大変便利なものですが、実際に測定してみると物質の表面の状態などによって、必ずしも理論通りにならないことがあります。静電気のふるまいは非常に複雑なので、帯電列は大まかな傾向を知る目安と考えましょう。

図説

ご利用者アンケート!ご利用者アンケート!

この実験は参考になりましたか?

ボクもワタシもやってみました!みんなの実験レポート!!

ページのトップへ