NGKサイエンスサイト

  • 日本ガイシ

氷で冷やして沸騰!?過沸騰

工作・実験の手順

[実験の注意]

・NGKサイエンスサイトで紹介する実験は、あくまでも家庭で手軽にできる科学実験を目的としたものであり、工作の完成品は市販品と同等、もしくは代用品となるものではないことを理解したうえで、個人の責任において実験を行ってください。
・必ず手順を読んでから工作・実験を行ってください。
・器具の取り扱いには十分注意し、けがをしないようにしましょう。
・小学生など低年齢の方が実験を行う場合は、必ず保護者と一緒に行ってください。
・熱くなった容器やお湯でやけどをしないように注意してください。

1

図説

耐熱ガラスの容器に約7分目まで水を入れ、電子レンジでいちど沸騰させます。
※新しい容器を使うときは、突沸(右ページ『もっと知りたい』参照)が起こりやすいので、扉をゆっくり開けるなどなるべく衝撃をあたえないようにしてください。

2

図説

沸騰が完全におさまってから電子レンジの扉を開け、容器の中に氷を1粒入れます。すると、再び沸騰が起こります。
実験後は、容器が十分冷めるまでさわらないでください。

実験を成功させるコツとヒント

・実験に使用する容器は、軽く洗ったものを使ってください。汚れが付着しているとうまくいかないのはもちろんのこと、新品やきれいに洗いすぎたものを使っても、突沸が起こりやすいためうまくいきません。
・氷は5mm角くらいの大きさが適当です。小さすぎると沸騰していることがよくわかりません。大きすぎると水温が下がりすぎて沸騰しなかったり、逆に激しく沸騰して熱湯がこぼれたりして危険です。

ご利用者アンケート!ご利用者アンケート!

この実験は参考になりましたか?

ボクもワタシもやってみました!みんなの実験レポート!!

ページのトップへ