光の全反射

あっ、消えた!あっ、見えた!(No.93)

お気に入りに追加お気に入り

あっ、消えた!あっ、見えた! あっ、消えた!あっ、見えた!

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな

空のペットボトルにイルカを入れて水の中に沈めると、アレッ!? 水の中のペットボトルは見えるのに、水面より下のイルカの姿が消えてしまった。でも、ペットボトルの中に水を入れると、消えたイルカの姿が現れてきた。どうしてだろう?

そうかなるほど

ペットボトルの外は水、イルカはカラのペットボトルの中、つまり空気の中にある。どちらも透明だから、中のイルカが見えてもよさそうなのに見えないのは、水と空気では光の屈折率が違うからなんだ。密度の大きいものの屈折率は高く、小さいものは低い。水(屈折率の高い物質)から空気(屈折率の低い物質)に光が進むとき、水と空気の境界面に近い(入射角が大きい)角度で見ると、境界面で光はすべて反射されてしまうため、境界の向こう側の空気の中にあるイルカは見えなくなる。でもペットボトルの中に水が入ると、光はペットボトルの水の中を直進してイルカで反射する。だからどこから見ても中が見えるようになるんだよ。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください