シャルルの法則

温度の変化で動く水(No.82)

お気に入りに追加お気に入り

温度の変化で動く水 温度の変化で動く水

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな

上の写真は、ペットボトルとビニールチューブでつくった温度計です。中には着色した水が入っていて、温度が上がるとチューブの中の水がゆっくりと上昇し、温度が下がるとゆっくり下降します。どうして温度の変化で水が動くのでしょうか?

そうかなるほど

1気圧の空気は温度が1℃上がると体積が273分の1だけ増えます。このため、温度が上がるとペットボトルの中の空気が膨んで水をチューブに押し出します。逆に温度が下がるとペットボトルの中の空気が縮んでチューブの水をペットボトルへ吸い込みます。この実験装置とは異なりますが、空気の体積の変化を利用した気体温度計を最初に考えたのは、イタリアのガリレオ・ガリレイ(1600年頃)です。その後、フランスの物理学者シャルルが「圧力が一定のとき、気体はその種類にかかわらず絶対温度に比例して膨張する」というシャルルの法則(1787年)を発見しました。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください