静電気の力

静電気で動く振り子(No.80)

お気に入りに追加お気に入り

静電気で動く振り子 静電気で動く振り子

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな

空気が乾燥する冬になると静電気のいたずらが多くなります。服を脱ぐときにパチパチしたりドアに触れたとき指先に衝撃が走ったり、嫌われものの静電気ですが、今回はそんな静電気で遊んでみましょう。静電気を帯びた物質が触れると、写真のように振り子が動く装置をつくります。どうして静電気で振り子が動くのでしょう?

そうかなるほど

物質は原子が集まってできています。原子は原子核と電子からできていて、プラスの電気を持つ原子核とマイナスの電気を持つ電子が引き合って電気的につり合っています。ところが2種類の物質を接触させたりこすり合わせたりすると、図-1のように片方の物質(B)の電子が飛び出してもう一方の物質(A)に移動します。これを引き離すと電子が飛び出した方の物質はプラスに、電子が飛び移った方の物質はマイナスに帯電します。静電気はこうして発生するのです。今回の実験ではプラスに帯電した物質同士、マイナスに帯電した物質同士は反発するという性質を利用しています。静電気を帯びた物質が装置に触れると、銅線や振り子も触れた物質と同極の静電気を帯びるため、銅線と振り子が反発し合って動くのです。

〈図-1〉静電気が起きるしくみ

〈図-2〉帯電列

下の表のどれか2つをこすり合わせると左側にある物質がプラスに、右側にある物質がマイナスに帯電します。また、位置の離れているものとこすり合わせるほど静電気の発生量が大きくなります。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください