浸透圧

濃度の違いで一方通行(No.74)

お気に入りに追加お気に入り

濃度の違いで一方通行 濃度の違いで一方通行

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな?

2種類の液体が入った容器。上の容器には食塩水、その周りと下には水。食塩水と水の間はセロハンで仕切られています。しばらくおいておくと、上の容器に立てたストローの水位が上がりはじめます。周りの水が食塩水の容器の中へ移動しているから です。どうして上にある容器の中へ水が移動するのでしょうか?

そうかなるほど!

食塩水と水の間にセロハンがあることがミソ。セロハンは食塩のような大きな分子は通しませんが、水のような小さな分子だけは通す「半透膜」なのです。濃度の違う液体が半透膜で仕切られていると、膜の両側の濃度が等しくなるように、水は濃い液体の方へ移動します。この現象を「浸透」といい、浸透していく力を「浸透圧」といいます。今回の実験では周囲の水が半透膜を通って容器の中の食塩水を薄めます。浸透圧がよく見えるようにストローを立ててみました。浸透圧を比べるために、砂糖水やしょうゆでもためしてみましょう。

ワンポイント・スタディ

日本人の知恵「さ・し・す・せ・そ」
料理の味付けには「砂糖(さ)」「塩(し)」「酢(す)」「しょうゆ(せ)」「みそ(そ)」の順番があることを知っていますか?これは味をよくしみ込ませ、柔らかく風味よく煮物をつくるコツ。たとえば塩を使った後に砂糖を入れると、砂糖がうまく食材になじみません。この味付けにも浸透圧が一役買っています。ほかにも、拡散速度などが順序付けの要因になっていますが、生活の知恵にも科学的な根拠があるんですね。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください