うず電流

アルミニウムが磁石に反応?(No.64)

お気に入りに追加お気に入り

アルミニウムが磁石に反応? アルミニウムが磁石に反応?

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな?

途中に穴のあるすべり台の上から1円玉をすべらせます。
何もない状態なら1円玉は穴を飛びこえますが、穴の前に磁石を置くと磁石のところでブレーキがかかり、1円玉は穴へ落ちてしまいます。1円玉はアルミニウム製だから磁石にはくっつかないはずなのに、いったいどんな影響を受けたのでしょう?

そうかなるほど!

アルミニウムなど電気がよく流れる金属の中には自由に動きまわることのできる電子(自由電子)がたくさんあります。これらの金属が磁場の中を通ると自由電子は磁場から力を受けて動きだし、うず状に流れる電流をつくります(図-1)。電流が流れると右ネジ方向に磁界が発生するため(図-2)、うず電流も磁場から力を受けることになります。この力は金属板が運動する方向とは逆の方向に働くため、金属板にはブレーキがかかることになります(図-3)。この原理は新幹線車両のブレーキなどにも応用されています。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください