水と生物

川遊びしながら、科学を楽しもう!(No.36)

お気に入りに追加お気に入り

川遊びしながら、科学を楽しもう! 川遊びしながら、科学を楽しもう!

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな?

川底をのぞいたことがありますか
これから、川遊びが気持ちよい季節です。ちょっと注意して見ると、川底にはいろいろな生き物がいます。浅瀬のきれいな水が流れている場所で、底石を持ち上げたり、藻や水生植物の間を探してみてください。石の裏側に張りついているもの、泥の中にもぐっているものなど、さまざまな底生(ていせい)生物を見つけることができるはずです。このような生き物たちは、 どんな川にもすんでいるのでしょうか?

そうかなるほど!

汚れ方で違う生き物の種類
川の汚れの程度によって、川底にすむ生き物の種類は違います。同じ中流地域でも、すんでいたりいなかったりします。このことから、川の水質の状態を知る目安となる生き物を指標(しひょう)生物といっています。どのような川に、どのような生き物がすんでいるのか、川の汚れと生き物の関係 について調べてみましょう。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください