酸性雨

むらさきキャベツで酸性雨を調べよう!(No.35)

お気に入りに追加お気に入り

むらさきキャベツで酸性雨を調べよう! むらさきキャベツで酸性雨を調べよう!

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな?

6月5日は「世界環境デー」。地球環境問題のひとつ、酸性雨について調べてみましょう。 酸性雨は樹木や農作物に被害を与えたり、遺跡や文化財を溶かしたり、湖に魚が住めなくするなど、世界の広い範囲で問題となっています。 石炭や石油などの化石燃料を燃やした排煙に含まれる、窒素酸化物や硫黄酸化物などの物質が大気中に広まって雨粒に吸収されると雨粒は酸性化します。 酸性、アルカリ性の濃度を表すpH(ペーハー)が5.6 以下になると、酸性雨と呼ばれます。 大気や水の循環は地球規模の現象で、酸性雨の原因となる物質は地球規模で循環する気流に乗って移動しているため、地球上の広い範囲で酸性雨が観測されています。

そうかなるほど!

むらさきキャベツのしぼり汁は、酸・アルカリの強弱によって色が変化します。これはしぼり汁に含まれるアントシアニンという色素が、水溶液中の酸やアルカリに反応して色の変化を起こすからです。実験では、これを指示薬として使います。
さまざまな時間帯や場所で雨水を採取して、指示薬の色の変化で雨のpHを確かめ てみましょう。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください