沸点

え?火にかけても紙が燃えない?(No.21)

お気に入りに追加お気に入り

え?火にかけても紙が燃えない? え?火にかけても紙が燃えない?

実験監修:東京大学教育学部附属中・高等学校 佐巻健男 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

中の水は沸騰しても、紙で作った箱はそのまま。。

紙を炎に近付けると、紙はすぐに燃え出します。それは誰でも知っている暮らしの中の常識ですね。でも、いつでも正しいとは限りません。その証拠が、今回の実験です。

水が沸騰するということは、ほぼ100℃に達しています。なのに、入れ物である紙は、燃えずにそのまま頑張っているではありませんか!

水の沸点(沸騰する温度)は、100℃。つまり、水が入っている限り、箱の温度は100℃にしかなりません。紙が燃える温度は300℃以上なので、箱は燃え出さないのです。紙のお鍋でウズラの卵のポーチドエッグを作ってみました。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください