クロロフィル

緑の野菜がワインカラーに(No.126)

お気に入りに追加お気に入り

緑の野菜がワインカラーに 緑の野菜がワインカラーに

実験監修:名古屋市科学館学芸員 佐伯平二 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

どうしてなのかな

野菜から取りだした緑色の溶液に光をあてると、まるでワインのように赤く見えます。おまけに、赤い液体の影が緑色に・・・。ちょっと不思議な光景ですね。

そうかなるほど

溶液の緑色は野菜から抽出したクロロフィル(葉緑素)の色です。No.122の「光合成」で説明したように、クロロフィルは目に見える光のうち、青や赤の波長(エネルギー)の光を吸収して、緑の波長の光を反射しているため緑色に見えるのです。光を吸収したクロロフィルはエネルギーの高い状態になり、隣のクロロフィルにそのエネルギーを渡して、もとの安定な状態に戻ります。こうして、吸収された光のエネルギーは最終的には光化学反応中心と呼ばれるクロロフィルに渡され、そこでつくりだされた電子の流れが光合成のエネルギーとなります。ところが、抽出されたクロロフィルのようにエネルギーを渡す相手がいないと、クロロフィルは吸収したエネルギーを蛍光として放出し、安定な状態に戻ります。このとき放出される蛍光は、クロロフィルが吸収した波長よりも長い(エネルギーが低い)赤い波長の光となります。このため暗い場所で溶液を照らすと、赤い蛍光が際立ってワインのように見えるのです。そして、クロロフィルは青や赤の波長の光は吸収しますが、緑の波長の光は吸収しないので、溶液を透過した白色光は緑色に見えます。このため、影の部分が緑色になったのです。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください