キュリーエンジン

磁石とロウソクでつくるエンジン(No.09)

お気に入りに追加お気に入り

磁石とロウソクでつくるエンジン 磁石とロウソクでつくるエンジン

実験監修:科学実験プロデューサー 米村傳治郎 
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作: 日本ガイシ株式会社

実験の説明

針金が左右に動き、グラスをたたく。
この装置の秘密は、磁石とローソクにあります。

針金のように磁石にくっつきやすい物質は、実はミニ磁石の集合体。ふだんはミニ磁石のS極とN極がバラバラな方向を向いているため、磁石としての性質が現れません。ところが、外から強い磁力を受けるとミニ磁石の向きがそろい、全体でひとつの磁石となります。この磁石となった針金が熱せられてある温度を超えると、向きの揃っていたミニ磁石たちが再び勝手な方向を向いて、この針金の磁石としての性質が失われてしまいます。

この装置では、まずYの字の針金の片方を固定した永久磁石に近づけます。すると、この針金は磁石になり、永久磁石に引き寄せられます。ところが、この永久磁石の前にはローソクがあり、その炎で熱せられると針金の磁石としての性質が失われてしまいます。このとき、Yの字のもう片方の針金が持つ磁石としての性質の方が相対的に強くなることから、こちらの針金が永久磁石に引き寄せられます。一方、ローソクから離れた方の針金は、冷めると再び磁石としての性質を取り戻します。この繰り返しによって、針金が左右に動き、グラスをたたくのです。

磁石が磁力を失う温度を、発見者の名前をとって「キュリー点」といいます。この装置はキュリー点を利用しているので「キュリー・エンジン」と名付けました。ミニ・ディスクや光磁気ディスクのデータ書き込み技術は、このキュリー点を利用したものです。

磁石とローソクでつくるキュリー・エンジン。そこに科学する心への入り口が待っています。

もしこの実験が気に入ったらシェアしてください