NGKサイエンスサイト

  • 日本ガイシ

ペットボトルで、虹を作ろう光の屈折

実験の説明実験の説明

実験監修
科学実験プロデューサー 米村傳治郎
※監修者の役職は掲載当時のものです。
企画制作
日本ガイシ株式会社
ペットボトルで、虹を作ろう

ペットボトルと懐中電灯で、簡単に虹をつくることができます。

雨上がりの空にかかる虹、いつまでも見ていたい不思議な魅力がありますね。大空で虹ができるメカニズムを使って、部屋の中でもつくってみましょう。

太陽の光には、さまざまな色の光が混ざりあってできています。また、光は、空気と水のように異なる物質を通過するとき、その境目で折れ曲がって進みます。これを光の屈折と言いますが、屈折の角度は光の色によって異なるため、混ざりあった光を色の帯に分けることができます。

これを分光といい、太陽の光は、虹の7色と言われる赤、橙、黄、緑、青、藍、紫に分けられるのです。雨あがりの空には、雨のなごりの細かな水滴が漂っています。この水滴に太陽の光が差し込むと、たくさんの水滴で光の屈折による分光が起こって虹がかかるのです。

懐中電灯の光も、太陽の光と同様に、さまざまな色の光が混ざりあってできています。また、実験で使うペットボトルは、断面が円形で中に水を充たしてあるため、水滴と同じように入ってきた光を屈折させ、分光することができ、小さいながらも虹ができるのです。

光の屈折は、光を伝えるもの(媒質)によってことなります。このペットボトルには、上に油、下に水が入れてあります。油と水では屈折率がちがうので、同じ文字を見ても大きさがちがって見えます。

図説

ご利用者アンケート!ご利用者アンケート!

この実験は参考になりましたか?

ボクもワタシもやってみました!みんなの実験レポート!!

ページのトップへ