NGKサイエンスサイト

  • 日本ガイシ

パチパチくんで、ほら不思議静電気帽子

実験の手順

図説

ポリプロピレンのひもを30センチくらいの長さに切って、きれいにひろげ、2枚にはがします(両面にセロテープを貼って、そのセロテープを持ってひきはがすときれいにはがれます)。

2

図説

その1枚を、さらに縦に半分に裂きます。このひもの片端を結んで、できるだけ細く数多く裂きます。

3

図説

色画用紙をまるめて、円錐状にします。このとき、円錐の頂点に穴が開いているように少し先を切ります。画用紙をテープで留めて、頭が入る大きさにすそを水平に切りそろえます。内側もテープで留めて、円錐の帽子を作ります。

4

図説

円錐の帽子の頂点にひもの結び目を押し込んで、中からテープで留めます。

5

図説

帽子全体に静電気防止剤を軽くスプレーして、帽子とひもがくっつきにくくします。帽子をかぶって、発泡スチロールの台に乗り、もう一人が塩ビ棒をキッチンペーパーでこすって静電気を起こし、右の写真のように送り込みます。ひもが開いて舞い上がります。

・ゴム底の靴などを履いて大地としっかり絶縁すれば、発泡スチロールの台がなくても大丈夫です。
・ひもが舞い上がりにくければ、帽子のかぶり方や、大きさ、ひもの長さを調整してみましょう。
・ひもは、静電気を起こす塩ビ棒にくっつきやすいので、注意して扱いましょう。

ご利用者アンケート!ご利用者アンケート!

この実験は参考になりましたか?

ボクもワタシもやってみました!みんなの実験レポート!!

ページのトップへ